今後の裁判予定

大飯控訴審

名古屋高裁金沢支部にて

201610月19日 次回

2017年1月30日次々回

高浜運転差止提訴は保留となりました

 

新着情報

かたくり通信 24号

 

1 新たに高浜差止訴訟の項を設けました

2 上野千鶴子さんのメッセージ

 

 

TWITTER

 

 

 判決要旨ウクライナ語

 Українська Мова

 判決要旨ベトナム語

   Tiếng Việt 

  判決要旨 外国語 

 トルコ語Türkiye

  英語english 

   中国語

  韓国語 한글

小学生のための大飯判決の意義

 

 

 

 はなひらけ 

         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP                       

老朽原発   延命措置をどう考える?       こちら

 アオッサ 1階で パネル展を開きます。サヨナラ原発福井ネットと共催です・

   9月22日 (木 祭日)から24日 (土)

 

名古屋高裁金沢支部と規制委員会に 要請はがきを   こちら

 大飯差止訴訟控訴審での公正な審理を求めましょう。

 規制委員会には、名古屋で行われている老朽原発の問題点を指摘しましょう。

 

 

原発の地震評価は過小   京都集会16年7月31日   チラシ

  京都同志社大学で 原発地震動評価についての集会です。原子力前委員長代理の島崎邦彦氏が入倉・三宅式では過小評価になると指摘しています。規制委員会は先日評価し直したが大飯原発では 従来のとおりでよいとしました。島崎氏は反論してるとつたえられました。

福井からのマイクロバスについて  お申し込みはチラシをご覧ください

 福井駅 9:45 嶋田病院駐車場 9:50 福井IC10:10 武生IC10:20

 敦賀IC10:40 

 

学習会 おわりました     

 裁判の会の事務所ができました

次回は 「大津地裁 仮処分 山本決定を読む」です 

 

大津地裁異議審      決定文 PDF 

2016年大津地裁 山本裁判長は 関電の異議審で 高浜3 ・4号機の稼働を認めない決定だしました。    

高浜1・2号機の新規制基準適合性審査の問題点 滝谷紘一 PDF

    (元天使力安全委員会事務局技術参与、 原子力市民委員会規制部会)

  上記論文と下記論文は原子力資料情報室通信 505号からの転載です

     高浜1・2号炉:老朽化原発の運転期間延長に関する問題 

   

原子力規制委員会による入倉・三宅(2001)式の見直しに関する声明 

       大飯原発訴訟・福井弁護団事務局長 笠原一浩  PDF

 

 大飯原発3・4号機差止め訴訟の控訴審において6月8日に島崎邦彦氏(前規制委員会委員長代理)が提出した陳情書では、「地震動を大飯原発の入倉・三宅計算式ですると他の計算式に比較して4分の1程度に過小評価される」と書かれています。(裁判資料  第25準備書面、証拠説明書 甲317,スライド)。

 規制委員会は島崎氏との面談のあと、大飯原発の基準地震動評価を他の手法で計算することを決めました。声明ではすべての原発に対し、基準地震動についての徹底的な検証を求めています。

 

口頭弁論傍聴のお願い  2016年6月8日    終わりました おかげさまで抽選となりました

 原告側は、福島避難者や専門家の証人尋問と福島や大飯の現地検証を求めました。また、関西電力には生データの提出を求めています。

 仮にこれが認められなければ、これらの不可欠な審理を行わずに次々回に結審するということになりそうです。不当な訴訟指揮と言わざると得ません。裁判所は、私たち市民の訴えに耳をかすのか?それとも、却下するのか?

 大勢の傍聴をお願いします。

控訴審のお知らせ

 

総会は終わりました  詳細はこちら

 

3月11日集会で高浜原発3・4号機の提訴は 保留となりました

 大津地裁決定により 高浜原発は停止しました。それにより緊急の事態が避けられましたので、3・11の提訴は保留としました。その点について参集した方々の賛成を得ました。5月15日の定期総会までに、いろいろなご意見を きき、今後の方針を決めます。 詳しくはこちら

3月11日 福井集会に集まろう!


 場所:福井県国際交流会館  時間:13:00~16:10

★大津地裁の決定を受けて、当日の予定が急きょ変更になりました
裁判所前ではなく、福井県国際交流会館で集会です

高浜原発3・4号廃炉! 老朽原発高浜1・2号、美浜3号の再稼働を止めて廃炉へ!


大津地裁仮処分決定を受けて  弁護団声明    原告団声明

 

大津地裁 仮処分決定  高浜原発は止まります 2016年3月9日午後3時45分発

1 債務者は、福井県大飯郡高浜町田ノ浦1において、高浜発電所3号機及び同4号機を運転してはならない。
2 申立費用は、債務者の負担とする。

                 決定書 PDF

 大津地裁

 

 

高浜3.4号機運転差止訴訟 提訴を決定  2016年3月11日に 原告募集

高浜4号機の緊急停止などの事故に対する声明   裁判の会の声明文

高浜4号機の緊急停止などについて福井県知事に要請書をだしました。 リンク

 県内4団体と共に提出しました。 サヨナラ原発福井ネット、ふるさとを守る高浜・大飯の会、原発設置反対小浜市民の会、プルサーマルを心配するふつうの若狭の民の会

 

2016年2月29日 大飯控訴審第7回口頭弁論 14時から おわりました

 当日は 大飯控訴審のあとに高浜仮処分の抗告審があります。

 傍聴抽選 13:30    入廷行進 13:45

 大飯控訴審 14〜    大飯控訴審 報告会 15: 北陸会館(裁判所斜め向かい)

 抽選があり抽選漏れの方は 北陸会館で 会員が説明をいたします。

 高浜仮処分保全抗告審 15:30頃  この間 大飯控訴審の報告会にご参加下さい。

 高浜仮処分報告会   16: 頃


 

高浜原発3号機の再稼働に強く抗議します

 関西電力は2016年1月29日 高浜原発3号機の再稼働をしました。安全が保証出来ない、事故が起きたら誰も責任をとらない原発の運転です。滋賀県、京都府の住民の意見も聞かずに、得ているのは高浜町と福井県の同意だけです。

            福井から原発を止める裁判の会の 声明

 

高浜3.4号機運転差止訴訟 提訴を決定  2016年3月11日に 原告募集

 当会は2016年1月16日 臨時総会において 高浜原発3・4号機の運転差止を求めることを決定しました。提訴は 福島事故の5周年にあたる 3月11日に行います。

 この提訴は 高浜仮処分異議審の「決定」を受けてきめました。

  鹿島弁護士の提訴説明  スライド

 

 

 

不当決定 仮処分の取り消し   高浜原発異議審 2015年12月24日 

 12月24日 福井地裁は4月14日に出された仮処分を林潤裁判長、山口敦士裁判官、中村修輔裁判官により取り消しました。福島事故以前にもどった決定内容です。弁護団は決定文は関電の コピペそのものであると判断しています。中嶌哲演さんは、司法が再稼働という龍に目玉を書き入れそれを放った=画龍点睛と表現しました。私達は闘い続けます。

 福井から原発を止める裁判の会の声明  PDF 

   詳しくは仮差止裁判の項をご覧下さい 

 

 

!大飯・高浜仮処分の決定が 今年 12月24日にでます! 時刻など仮処分へ

      大飯高浜仮処分と大飯原発控訴審 支援のお願い

 大飯・高浜仮処分の「決定日」を来年に迎えるにあたり、全国の皆様へ 裁判支援と資金の支援のお願いいたします。(裁判の会) 進行中の控訴審もお力添えを!

     チラシ                裁判の会は 右上の赤字ボタンを

 

          新もんじゅ訴訟の原告募集   リンク

この裁判の弁護団の河合弁護士が弁護団長、原告代表の中嶌哲演さんが原告代表予定です

              

 

11月30日  大飯原発訴訟控訴審 第5回口頭弁論 午後2時  終わりました

 今回の原告陳述は福井へ避難されていた 田中徳雲さんです。

 関電への反論が行われます。免震重要棟とテロ対策問題が書面でだされました。

  差し止め訴訟のページ参照

 

10月8日 大飯審尋・高浜異議審(仮処分) 終わりました  詳細はこちら

 

9月14日(月) 大飯原発訴訟控訴審 第5回口頭弁論 午後2時 終わりました

 敦賀駅から金沢の裁判所までバスを出します。

 さし止め訴訟のページ参照

 

9月3日 午後3時 大飯原発審尋と高浜原発の異議審があります。おわりました

 福井地裁にて。傍聴はできませんので 入廷激励をお願いします。

 14;45  入廷

 15;00  大飯原発仮処分事件審尋 福井地裁

 15;30  高浜原発仮処分異議審事件 福井地裁

 申立人などの入廷後、福井弁護士会の会場で学習会を開きます。

 17;00頃から18時まで  記者会見と報告集会を福井弁護士会で行います。

 

 

川内原発 1号機の再稼働に強く抗議します

 2015年5月21日 福井地裁は「生命を守り生活を維持するという人格権」の侵害を認め、大飯原発3・4号機運転の停止を命じました。私たちは被ばくの心配なく生きて行く権利を有しています。再稼働を適合したとする原子力規制委員会、再稼働に同意した鹿児島県に強く抗議します。

      声明文   

 

かたくり通信が出来ました 7月20日号 控訴審第4回口頭弁論

かたくり通信ができました。6月16日号   仮処分支援号5号もできました。

控訴審第4回口頭弁論のおしらせ    7月1日 終わりました

      

 

田中委員長による「事実誤認」と 入倉名誉教授の「事実誤認」記事について  

 

 総会は5月23日に終了しました。仲間を増やしましょう。高浜・大飯の仮処分の支援をさらに大きく、協同して続けます。

 

 高浜原発運転さし止め仮処分決定の執行停止申立が却下されました。2015年5月18日

 仮差し止めについてはぜひ差し止めページをご覧下さい。2015.4.14

仮処分決定 高浜3.4号機の原子炉を運転してはならない

 

 2015年4月22日, 鹿児島地裁は 川内原発1.2号機差止仮処分で却下の決定を出しました。不当な決定です。福島原発事故がなかったかのような判断です。地震動の過小評価や、火山の危険性が考慮されていません。               

 川内原発仮処分決定に関する 大飯原発差止訴訟弁護団声明   

川内原発仮差し止め      決定要旨  2015年4月22日   

                決定文                


大飯原発3・4号機差し止め   判決    2014年5月20日   ぼたん

大飯原発3・4号機仮差止     決定文 2015年4月14日    ぼたん

 

 

3月11日の仮差し止め審尋では

高浜原発は審尋結審  決定が3月中に出て 仮処分が認められる予想です

          (3月中には出ません3月30日記す) 

大飯原発は次回審尋は 5月20日です

                     

 

大飯・高浜原発仮差し止め 第2回審尋    3月11日終わりました

入廷 その後のツイキャス放送予定あります。http://twitcasting.tv/deaeteyokattana/

IWJ のUstream放送があります。 http://www.ustream.tv/channel/iwj-fukui1

    入廷14:30からと16時ごろ予定の記者会見と報告集会です

Facebookによるおしらせ   

 

 

かたくり通信 2月18日号 第2回口頭弁論号と仮処分支援号 発行しました

規制委員会に申し入れ

 2014年12月19日 高浜原発に係わる「新基準適合」審査結果に裁判の会の代表 中嶌哲演さん達が、規制委員会に対して抗議をしました。

規制委員会は「フクシマ」の反省もなく、またもや「安全神話」「必要神話」に寄りかかっています。      抗議・要請文   

           高浜原発3.4号機、大飯原発3.4号機

          第2回審尋 3月11日 15時 

        傍聴できません  入廷激励と報告会参加

 

 

映画 「日本と原発」  監督河合弘之弁護士  来福 3月18日 (水)

 公式サイト      チラシ  

 

 


大飯、高浜原発の再稼働差し止め仮処分の判決 大津地裁  差し止めを認めず

 大津地裁は2014年11月27日、 再稼働の差し止めを求めた仮処分の申し立てに却下の決定をしました。

福島原発事故という現実を直視していながら、司法の役割を自覚しない極めて不当な決定です。 

大津地裁は、半年前の大阪高裁決定の時点より、規制委員会の審査が大幅に進んでおり,再稼働の危険が現に迫っているにもかかわらず、安易に「保全の必要性」がないと判断しました。かかる決定は「裁判所に課せられた最も重要な責務」を放棄したものであり、極めて遺憾です。

  大津地裁決定に関する弁護団声明   

 

    

 控訴審 第一回口頭弁論  2014年11月5日 おこなわれました

   詳しくはさし止め訴訟の項をごらんください。

   口頭弁論の内容を詳細に書いた かたくり通信15号が11月20日に発行されました。

2014年5月21日

人格権は憲法上の権利である。これを越える価値は他にはない。

原子力発電所に求められるべき安全性は、万一の場合にも放射性物質の危険から国民をまもるべく万全の措置がとらなければならない。#1

1260ガルを越える地震が大飯原発に達する危険がある

使用済み核燃料のプールは堅固な容器ではなく、建屋によって囲われているだけである

新規制基準適合性による審査は安全を担保しない。

原発の経済性よりも国民の生活が優先されるべきである。福島原発事故は最大の公害・環境汚染である。

#1 参照 伊方最高裁判決抜粋 

 

 

大飯原発3・4号機運転差止請求事件

       岩波ブックレット 562円

 司法への絶望と希望       小出裕章

「原発銀座」の汚名を返上する日へ 中嶌哲演

「王様は裸だ」          島田 広

 司法は生きていた        海渡雄一

 福井地裁判決はどのような影響をもたらすか

                 河合弘之

 

店頭にない場合もあります。書店へ注文してください。

 

 

 

   原告代表の中嶌哲演さんが共同代表を担っている

もう動かすな原発!の県民署名が始まりました。 リンク 

ネット署名も始まりました。 パネル押してください

 

 

            呼びかけの動画  

 

 

  裁判の経過は「差し止め訴訟」の項をごらんください。

  判決文、訴状などはダウンロードの項にもあります。