① ミサイル仮処分は こちら

 

② 大飯原発3・4号機仮処分申立

弁護団

  鹿 島 啓 一


  河 合 弘 之


  甫 守 一 樹


  大 河 陽 子

 

申立支援団体

おおい原発をとめよう裁判の会

  共同代表  小山英之

     アイリーン美穂子スミス

  事務局長 島田 清子

福井から原発を止める裁判の会

  事務局 南 康人

 

 

 

 

 

 参考資料

 伊方原発仮処分広島高裁決定

 スライド 井戸謙一弁護士

 彦根報告会  動画 井戸弁護士

 

 伊方原発仮処分広島高裁決定に関して

   PDF

(彦根・愛知・犬上原発のない社会を作る会  ニュースの抜粋)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②大飯原発3・4号機運転差止め仮処分申立

 

第2回審尋 2018年4月18日       詳しい報告書

  関電 証拠説明書(乙39から95) PDF

     証拠説明書(乙96〜146) PDF

     主張書面1その1   PDF       その2   PDF

     主張書面2      PDF

  7月9日 島崎邦彦さんが説明をされます。非公開

  前回は関電社員が担当者として10名傍聴にはいっていました。今回、申立人側は事務局としてさくら法律事務所の松田さん、福井の南さんが傍聴しました。

  7月9日 13時15分から 島崎邦彦さんが前半、関電社員2,3名が後半の説明をすることになりました。弁護団は強く公開を求めましたが認められませんでした。

 報告会では 児玉さんが今後事務局部門を強化したいとのべました。南さんは、大飯訴訟の原告が申立人に居る場合は大阪での仮訴訟には関電が同意しないとしたため、申立人にならなかったと説明がありました。

  

第1回審尋2018年2月7日         詳しい報告書 美浜の会へリンク

   関電答弁書  PDF

   証拠説明書(乙1〜38)  PDF

  裁判所は 1)問題点は基準地震動が過小評価である 2)迅速に判断したいが説明会を求める と述べました。

 当日は北陸の豪雪のため 金沢の鹿島弁護士、福井の応援参加はできませんでした。

        当会からのメッセージ

 

仮処分申し立て 2017年12月25日

 2017年12月25日 京都府の住民が、大飯原発3・4号機の運転の差止を求める仮処分の申し立てをしました。

 福井から原発を止める裁判の会では支援してゆきます。

   申立書     PDF 

   証拠説明書   PDF 

ーーー<>−−−−<>ーーー<>−−−−<>ーー

 

 

① 大飯原発ミサイル仮処分

2018年3月30日 不当な棄却決定  大阪地裁

 武力攻撃が無ければ具体的な 危険性があると言えないとして、申し立てを却下しました。

第一回審尋  2018年2月7日 11時半

 担当は大阪地裁民事第1部の森純子裁判官、谷口哲也裁判官、黒木宏太裁判官です。

報告・交流会へ参加の方へ。
 11時05分 大阪弁護士会館1階ロビー集合、原告団見送りなど。
 11時30分 第1回審尋 ※裁判所入口ではセキュリティ・チェックがあります。
記者会見終了後、報告・交流会
島根ビル9階会議室(裁判所から徒歩5分)
おおい町、高浜町からも参加があります。

     主催 原発(即)停止 仮処分裁判 支持者の会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大飯原発差し止め訴訟 福井から原発を止める裁判の会